FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイクを意識したのはいつ頃だったか・・・

生まれて初めてバイクをカッコエエと思ったのは小学校3年の時だった。

よく遊びに行っていた三角公園のある親戚の家に出入りしていた兄さんが
乗っていたマッハⅢである。三本出しのマフラーが瞼に焼き付いている。

サイドスタンドで停車中のドでかいバイクにまたがってよくハンドル切って
遊んだもんだ(^.^)
一回こけかけて、電柱にヘッドライトが擦れて青くなったが、黙ってたけど
バレなかった(のん兄、スンマソン)。

リヤに後ろ向けで乗り、ぶっ飛ばされた日にゃ、あまりの怖さにマジで
ちびりそうになった。あれからいろんなジェットコースターなんかに乗ったが
後ろ向きタンデム以上のスリルを味わったことがない(^_^;)

中学高校の友達でホンダ命のヤツがいて、そいつにかなり影響を受けた。
モーターサイクリストを熟読?していたころは、マルチ全盛期であった。

何とか中免とって絶対ツレ(友人)より先にバイク乗ったんねん・・・

4_29.jpg


もちろん学校側はバイク免許取得は絶対禁止、ばれたら退学だったと思う。
ツレには内緒で高3の冬休み、必死のパッチ(死語)で教習を受け、みごと
府中で試験に合格して免許をゲットした(^_^)v

しかし、教習は初日から大変だった。まず、受講者が全て高1の歳下ばっかり
で、かなり奇異な眼差しを受けた。
みんな当然無免でバイクに乗っており、クラッチ操作も手馴れたもんだった。

私はスクーターにさえ乗ったことが無く、いきなり一時限目にまたがった
ホークⅡのシートの上で、「こらアカンわ、こんなでかいもん動かせるかいな」
ってマジで止めよかと思った。

半クラッチが中々うまくいかず、2時限オーバーしたが、何とかなるもんだ。
二段階の見極めが終わったころには近くのバイク屋でしっかりCBXを予約した。

あまりにもカッコよかった。ホンダならでわの優等生的バイクではあったが、
ライディングがチープな自分にはありがたい操作性能だった。

低速のトルクが太い、高回転の吹き上がりもいい、コーナリングも抜群。
サイドカウルの防犯性や、燃料計はダメだったが、あとは文句なし。

後日、当時の若いもんが皆欲しがる車に乗り換え、家の倉庫に眠っていた
のをsukedaiが無免で乗って、危ないと思った親父が売ってしまったが、
大事においときゃぁよかったなぁ。ドノーマルで綺麗だったし、いまあったら
100以上で売れたと思う(T_T)。

ま、でもモリワキのエキパイつけて乗ってたかもネ(^^♪
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

kohri君

Author:kohri君
旧車エンジンの野太さがいい

松山生れの京都・東京育ち
カリスマ教祖?sukedaiの愚兄

現在21年落ちのVTZに乗る
車は黄金色(マニアック)NOTE

カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。